足臭の原因と種類、対策の方法

足臭がもっとも気になるのが、靴を脱いだ後ですよね。座敷の席は足が伸ばせて楽ですが、足のニオイが気になることが多いです。また、食事の席だと自分の足の臭いが食事のニオイも妨害してしまうようで気になって仕方ないこともあります。

 

そんな足臭が引き起こされるメカニズムは何があるのでしょうか?

 

足の臭いの種類

 

足の臭いは大きく分けて、2つのニオイに分けられます。
足の臭いのポイントは雑菌です。これらの原因によって足の臭いが発生します。

 

ティノン

 

発酵臭

 

納豆やチーズなどの発酵食品から臭うようなニオイです。原因はイソ吉草酸という成分で、雑菌が足の角質や垢、皮脂を分解した時に発生することでニオイが発生します。

 

アンモニア臭

 

ツーンとした独特で刺激的なニオイがアンモニア臭になりますが、日常では尿のニオイがアンモニア臭になります。アルコールや運動で乳酸が溜まったりすると汗と一緒にアンモニアが分泌されます。

 

 

最近では、日本人でも足臭に悩んでいる人が多く、近年の生活環境が影響しているようです。現代日本人の食事は、和食から肉類や脂肪分の多い食べ物を摂取する人たちが多くなってきています。

 

肉類は体内で消化吸収するのに時間がかかって、腸内で腐敗しやすいです。その腐敗した時に発生するガスが血液に吸収されて、体中を巡って、毛穴から出たり、汗として分解されることによって、ニオイを発生させます。

 

 

足の臭いには種類がありますが、自分がどの種類でどのような原因で足の臭いが発生しているのかを知ることは難しいです。これだと思い込んだ原因と本来の原因は異なっているとせっかく行った対策も意味がなくなってしまいます。

 

足の臭いの対策クリームの効果

 

ティノン

 

足臭の対策クリームの特徴は殺菌成分や、汗を抑える制汗成分が配合されているので、足のニオイの根本原因となる”雑菌”と”汗”に集中的にケアできることにあります。

 

ニオイの原因となるエクリン腺から、分泌される汗が少なければ、雑菌が汗に含まれている成分を分解して、臭いが発生する事もなく、雑菌がなければ汗をかいてもニオイはしません。

 

このように、足のニオイの種類に関わらず、足臭対策クリームを使うことで、嫌な臭いを抑える効果が期待できるのです。